ラバコレ'96 歴代最高ぉぉぉぉ!

私が入手した一番最初のラバコレは、以前紹介しました2代目の'97モデルLOV97-2)でした。
2代目ラバコレはG-SHOCK人気が過熱している時期の発売ではありましたが、
店に並べば買う事ができたモデルでもあります。

しかし、初代ラバコレはそうはいきませんでしたネ。
並んでも買う事が出来たのは限られた人数のみ・・・(-_-;)
かく言う私も、その当時は入手できませんでしたので

初代ラバコレと言えば、
G-SHOCK初のペア販売であった事、
白い時計は売れないと言うジンクスを打ち破った事、
社会現象にまで発展し、プレミア化を招いた事等、数々の伝説的逸話がありますが、
ラバコレの歴史上、いや、G-SHOCKの歴史を語る上で
とても重要な意味合いを持つモデルである事に疑いの余地はありません・・・

そんな初代ラバコレですが、Gブームが落ち着いていた時期に運良く入手する事ができました。
しかも新品!そして定価以下!!すっごいラッキーマンなオイラ(笑)

それがこちら

画像


LOV96-2(DW-6696-7AT&BG-357-7T)
通称デビエン(天使&悪魔)です。

やはり歴代ラバコレと比較してみても存在感が違うと言いますか、オーラを感じてしまいます・・・(#^.^#)

画像


初代ラバコレは全3種登場しましたが、
この、LOV96-2はベゼルやボタンの文字色がグレーになっており、ベルトは白1色という3種の中で一番白いモデルでした。
他に、同じデビエンでネイビーロゴ・ベルトのLOV96-1と、
シロクマ&ペンギンのブルーロゴ・白ベルトのLOV96-3もありました。
白好きの私はLOV96-2を選びましたが、他の2種類も負けず劣らずのかっこよさ(^^♪
どれも欲しいですネェ~(涎)

DW-6696-7ATの方は、光沢白塗装が施されています。

画像


綺麗ですが、擦れたら剥がれてしまいそうです・・・
↑そんな事気にしない!と思いながらも、このモデルはなんだか怖くてまだ巻いた事ありません(^_^;)
型番はDW-6696と、FOXFIRE系(DW-6600)の物を使っていますが、
中身は3代目イルクジ同様、CODE NAME を使用しています。

Gは悪魔仕様なので、ELには悪魔が浮かびます。
(電池切れ間近で、ELが浮かびませんでした・・・パッケージ裏の写真でご勘弁ください;)
寝そべっている悪魔が憎めませんネ(#^.^#)

画像


BabyのBG-357-7Tは普通の塗装になっている為光沢感はありませんが、
グレーロゴで統一され、Gと同様のカラーリングになっています。

画像


コチラは天使仕様。ELにはかわいらしい天使が浮かびます。
(完全に電池切れ・・・入れ替えてあげます☆)

画像


ベルトにはそれぞれレピアが付いています。

画像


悪魔側には"Kiss the Angel" 、天使側には"Kiss the Devil"の文字が・・・
まさに恋人用の時計 ラブラブ感イッパイでチョッピリ恥ずかしいですネ・・・
夫婦の方はでこれを着用すれば家庭円満になれる・・・かも(笑)

毎年発売されるラバコレですが、その年によって出来の良し悪しがかなりあります。
その中でも初代は、前述のとおり最高のラバコレであることは間違いない(と思う)でしょう!!
次の年のLOV97にも同じ形のDW-6697系が3種類ありますが、
初代の方が出来の良さでは上だと感じます。
でも、LOV97のDW-6697系も欲しいのですが・・・(^_^;)エヘ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

M.S
2017年10月18日 01:03
参考になりました・・・そして私も欲しくなりました!

この記事へのトラックバック